ダンプ

本ページでは、ダンプの買取依頼を希望する方向けに、相場価格の目安や注意しておきたいポイントなどについて解説していきたいと思います。

ダンプ買取依頼、気になる相場や注意点は?

ダンプとは英語で「投げ下ろす」を意味する“dump”に由来し、荷台を傾けて積荷を一度に下ろすことのできるトラックの総称になります。日本では最大積載量11トンまでと定められており、小型が2~4トン、中型が5 ~ 8トン、大型が10トン程度といった分類がなされています。

また、絶対数は少ないものの、軽トラックにダンプの荷台を備えたものも存在しており、狭い路地の工事現場などで用いられています。

そんなダンプカーの買取相場はどの位か、気になる方も多いことでしょう。しかし、現状を申してしまいますと、トラック買取業者による業界団体が定める明確な査定基準というものは実はありません。

つまり、各々の買い取り業者が、車種や年式、走行距離、搭載している架装装置のメーカーや作動状態などの状態を鑑み、見積を提示するといった具合です。

例えば同じ車両を3社に見積依頼した場合、A社は320万円、B社は380万円、C社が350万円といった具合に、数十万円も差がついてしまうことも珍しくありません

ダンプに限った話しではありませんが、トラックや重機類を買取依頼する際は、必ず複数の業者に見積を依頼し、一番よい条件を提示してくれた業者に依頼すべきです。最低でも3社、可能であれば5社程度するのが賢明です。

ダンプの買取価格には明確な基準に即した相場というものはありませんが、参考になる買取事例というものは存在しています。あくまで目安ではありますが、ご紹介しましょう。

  • 三菱ふそうキャンター 2tダンプ・4WD、平成18年式 走行2,000km
    1,950,000円
  • 日野デュトロ 2tダンプ・高床強化、平成13年式 走行58,000km
    850,000円
  • 日野デュトロ 2tダンプ・低床強化、平成11年式 走行62,000km
    780,000円

ただし、これらはあくまで一業者の買取事例でしかありません。業者によって見積には多かれ少なかれ差がでますので、複数社に依頼し、比較検討するのが賢明です。

大型ダンプは、実際に本サイトでも見積もりを取ってみました!

おすすめ買取業者の
見積りを取ってみました

トラック編 重機編

おすすめ買取業者の
見積りを取ってみました

買取価格一覧表を見る